美容と健康のデジタル情報マガジン

ハンドケアってどうしたらいいんでしょう

手がガサガサな状態でのスキンケアは、お顔の肌も傷つけてしまいます。
ですから、より効果的なスキンケアのためにもハンドケアは大変重要なんです。
かといって、スキンケアにもハンドケアにも時間をかけるとなると、朝の身支度に忙しい時や、睡魔と闘いながらスキンケアをする夜にはなかなか難しいというのがホンネ。
でも、かんたんなケアを毎日続けていれば、さほど難しいことでもないんです。
ハンドケアによくあるのは、ハンドクリームを塗った上からビニールやゴムなんかの手袋をはめた状態で、お湯を使って食器を洗うといいってパターンなんですが、洗い終わって手袋を外した時のヌルヌル感や、直接食器を触って洗っていないと洗い残しや濯ぎ残しがありそうで気になって、この方法がめんどうに感じてしまうんですよね。
そんな方に簡単なハンドケアは手持ちのハンドクリームを夜寝る前にたっぷりつけて、100円均一なんかにも売られている木綿の白い手袋をして寝ちゃえばOK。
朝起きた時にはモッチモチのふわふわになっているはず。
ちょっとべたつくくらいのクリーム量の方がモチモチ感はアップしますよ。
あまりにゴワツキがひどい場合は、手にもお化粧水をつけて柔らかくさせてからハンドクリームを塗ったり、赤切れや乾燥がひどい部分には、ホホバ油などのオイルをちょこっとつけてからクリームを塗るなどしてみてください。
そして、忘れず毎夜できるように、ベッドや枕もとにハンドクリームと手袋を常備しておきましょう。
できれば、手袋は2~3枚持っておいて、毎日お洗濯してもらえるとよいですね。
ハンドケアに時間を割くことができるのであれば、指先の爪のあたりからグリグリっとマッサージがてらクリームを塗りこんでいただけたら文句なし。
寝てる間に知らずに手袋がとれちゃっていたとしても、はずしちゃうまでにはある程度クリームも浸透していると思いますし、毎日続けていれば短い時間のクリームパックでも、十分に効果を持続できるようになります。